watalog

Webライターの情報発信

疲れが溜まっている現代人にオススメなリラックス方法


起業・独立ランキング

f:id:wwttrrkun:20201209192345j:plain

お題「リラックス法」

こんにちは!ワタです!

今日はいつもとは違って、リラックスについて話していきたいと思います。

 

 

 

あなたはこのような悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 今すぐ疲れを取りたい
  • 仕事量が多くて疲れが溜まっている
  • なかなか寝付けない
  • 人前に出ると緊張するからリラックスして話せるようにしたい

 

 今回はこのような悩みを解決したいと思います!

 

 

 

 

リラックスができずに疲れが取れない時ってありますよね?

 

 

実は僕もそうで

就寝時にリラックスできずなかなか寝付けなかったり

 

妙に緊張してうまく頭が回らなかったり

 

体の疲れが取れなかったりしていました。

 

ですが、これから話すリラックスする方法を

試すことですべて改善しました!

 

別に特別な治療を受けたわけでも

リラックマに癒された訳でもありません。

 

誰でも簡単にすぐ出来るリラックス方法です!

 

なので、ぜひこれからご紹介する

リラックス方法を試してみてください!

 

 

 

リラックスするメリット

f:id:wwttrrkun:20201201145309j:plain

リラックスすると得られるメリットは

大きく分けて次の2つになります。

 

体へのメリット・心へのメリットです。

 

では、具体的にどんなメリットがあるのかを解説します!

 

 

 

体へのメリット

まず体へのメリットからお話していきます。

リラックスといってもかなり多くのメリットがあります。

 

 

筋肉が緩んで血液の循環が良くなりやすい

ストレスを抱えていると筋肉が固まり

血液の循環を妨げますが、

リラックスすることによって

筋肉を緩ませることができ

血液の循環が良くなりやすい。

 

 

肩こり腰痛の緩和

リラックスすることによって筋肉がほぐれ

肩のコリや腰痛を緩和することが出来る。

 

 

不眠症を防止できる

就寝時に脳の興奮を抑えることによって不眠症を防止できる。

 

睡眠効率を上げる

リラックスした状態で就寝することによって

睡眠効率を向上することが出来る。

 

 

 

心へのメリット

続いて心へのメリットをご紹介します!

 

 

コミュニケーションが円滑になる

リラックスしてストレスを無くせば

心に余裕ができコミュニケーションが円滑になる。

 

 

心に余裕ができ、仕事のパフォーマンスが向上する

リラックスすることによって

心に余裕ができ、仕事のパフォーマンスを向上させることが出来る。

 

自立神経失調症の予防

だるさ・めまい・頭痛・不安・イライラなどの症状の予防が出来る。

 

 

リラックス方法

f:id:wwttrrkun:20201123114603j:plain

こちらではリラックス方法をご紹介します!

どれも誰でも簡単に出来るリラックス方法なので、ぜひ試してみてください!

 

 

 

アロマやラベンダーの香りを嗅ぐ

アロマやラベンダーには自律神経を整える効果があるので

リラックスすることが出来る。

 

(ゴキブリはアロマや柑橘系の匂いが嫌いなので、ゴキブリ対策としても使える)

 

 

 

 

入浴時に一工夫する

入浴する際に市販で売っている入浴剤を使う。

中には【ゆず】の香りや【桃】【花】

香りを出してくれる入浴剤があるので自分に合った入浴剤を使う。

入浴剤を使うことによって、肩こりや腰痛などを治す効果がある。

 

 

 

 

適度な運動をする

激しい運動ではなく、軽めな運動をすることによって

副交感神経が刺激されリラックス効果を得られる。

運動は【ウォーキング】や【ジョギング】など軽めなものが望ましい。

 

 

 

 

 

スマホを就寝2時間前には控える

就寝前にスマホを扱うと

スマホから発せられるブルーライトの効果で

脳が覚醒状態になり睡眠効率がグっと下がる

 

なので、就寝2時間前にはスマホを控え

布団に入ることにはリラックスした状態にする。

 

 

まとめ

今回は【疲れが溜まっている忙しい現代人にオススメなリラックス方法】

をご紹介しました。

 

疲れが溜まっていると

仕事でのパフォーマンスが落ちたり、人間関係も悪くなります。

ですが、リラックスすることによって改善することが出来ます。

なので定期的にリラックスすることを心がけましょう。

 

 

 

www.watalog.space

 

 

www.watalog.space

 

 

www.watalog.space