watalog

Webライターの情報発信

全ての人に共通する。これをすれば悩みは5秒で解決する!


起業・独立ランキング

f:id:wwttrrkun:20201101120858j:plain
こんにちは!ワタです!
今回は、「いつまでも悩み続けるのは無駄」という事について書いていきたいと思います。

自己紹介

まず最初にちょっとだけ自己紹介をします!

  • 高校2年生
  • ビジネス文書実務検定 速度部門 第2級 取得
  • ビジネス文書実務検定 通信文章部門 第3級 取得
  • 簿記実務検定 第3級 取得
  • 趣味が筋トレです!w

こんな感じです!



では、本題に入っていきたいと思います!

悩むのは無駄!

早速ですが、今皆さんは何か悩んでいることはありますか?
なんでも良いです!

例えば、今日の晩御飯何にしよう?とか、
明日はどこに行こう?とか、
ほしい商品があるけど買おうか迷う~(´;ω;`)とか、

様々な悩みがあると思います。
そして、その悩みに対して、なかなか決断できなかったりしませんか?


例えば、先ほどの例でいうと、

  • 晩御飯をハンバーグにしようか?
  • それともラーメンにしようか?

悩む時があると思うんですけど、

それって中々決められな時とかって無いですか?

他にも、「今の職場を退職しようか悩む」とか、色々あると思います。
そして、こんな風に悩むのは人間だから仕方のないことなんですが、
実はこの悩むという動作には大きな落とし穴があります。
じゃあ、その大きな落とし穴というのは何なのか?
それは、
悩むことで失う時間と決断力を低下させるという大きな落とし穴です。



じゃあ、なぜ?
悩むと時間を失い、決断力を低下させるのか?」という事について書いていきます。


悩むと時間を失い、判断力を低下させる!?

悩むという動作をすることで「悩み」にしか頭が回らなくなり、
もっと他にしなければならないことに頭が回らず余計な時間を使い、

本来なら1時間で終わる仕事でも3~4時間もかかることになってしまうのです。


人間は常に頭を使って判断をする生物ですが、
この「悩み」というものを作ると、
人間本来の思考力の50%を使ってしまって
正確な判断が出来ないからです。



要するに、
「悩む」と人間の思考力の50%を「悩み」に使ってしまい、
判断力を低下させる。という事です!



悩みを即解決するには

じゃあ、どうすれば時間を失わず、
判断力を低下させないように悩みを解決することが出来るのか?

それは、
これからの人生で直面する全ての「悩み」に対して5秒で解決する事です!

え!?そんなこと出来ないだろ!と思いますよね?
ですが、実は悩みを5秒で解決することは可能なんです!



悩みを5秒で解決するのは簡単!?


じゃあ、なぜ悩みを5秒で解決するのが簡単なのか?


それは、

「5秒間かけて考えて決断する」のと
「30分間考えて決断する」のでは
一致率が86%だからです!


なぜこのような結果になるのか?
知っている方もいるかもしれませんが、
説明しておきます!

f:id:wwttrrkun:20201101114045j:plain

5秒間考えて出した答えと、30秒間考えて出した答えが全く同じ?!


皆さんはファーストチェス理論っていう言葉を知っていますか?
このファーストチェス理論というのは、

チェスにおいて

  • 「5秒で考えた打ち手」と
  • 「30分で考えた打ち手」は、

86%が同じ手であると実証されているそうです。



という事は、

どれだけ長く考えても、
「最初に思い付いた決断」に戻ってくるという事があるというわけです!

そして、
それと同時に「長く考えても最善の決断が出来る」とは限らないんです。
だから、「悩みを5秒で解決することは可能」というわけです。


全ての決断を5秒でせよ!

確かに5秒で決断をするのは勇気がいります。
ですが、いつまでも悩んだって現状は変わりません。
なら、いっそうのこと、勇気を振り絞って何事も5秒で決めちゃいましょう!


watalog.hatenadiary.com

watalog.hatenadiary.com

watalog.hatenadiary.com