watalog

Webライターの情報発信

タイピングを練習したらすぐにタイピング速度は上がる?【結論:上がらないです】


起業・独立ランキング

f:id:wwttrrkun:20201229210753j:plain

こんにちは!ワタです!

今回はタイピングの練習方法・タイピングをするときに意識しなければならないことを分かりやすく解説していきます!

 

 

 

本記事は以下のような悩みを解決します!

 

・タイピング速度を上げて仕事効率を上げたいけどどんな練習をすればいいの?

 

 

・そもそもタイピングが速いの基準ってどこ?

 

・タイピングを練習する上でどのツールを使ったら一番効率的なの?

 

・タイピング練習をどれほどしてもなかなか速くならない

 

 

 

ぶっちゃけ

タイピングを速くするのはそこまで難しくありません。

 

ただ、タイピングが速くなるまでには

時間がかかるというだけなので

本記事を参考にして努力していただければ

タイピングが1カ月以内に必ず速くなります!

 

 

 

タイピングのコツを知りたいという人は

以下の記事も合わせてどうぞ!

 

www.watalog.space

 

 

 

 

 

 タイピング速度はすぐに上がるのか?【上がりません】

 

f:id:wwttrrkun:20201229210909j:plain

 タイトルにも書いてある通り

タイピングの速度をすぐに上げることは不可能です。

 

なぜ不可能なのか。

それはタイピングは感覚で覚えなきゃいけないからです。

 

例えばゲームであったりスマホでもそうですが

すべて感覚で覚えていないでしょうか?

 

 

ゲームだとコントローラーのボタン配置を

頭ではなく手の感覚で覚えていると思います。

 

 

スマホだと

フリック入力を指の感覚で覚えていると思います。

 

 

ですがゲームやスマホは

最初はうまく操作出来なかったはずです。

 

 

例えば

 

【なにこのボタン😕】

【あれこの操作どうやってするんだっけ?😖】

 

 という事が多々あったと思います。

 

 

ですが、時間をかけて感覚を覚えることによって

何も考えずにゲームのコントローラーや

スマホのフリック入力が出来ているはずです。

 

 

ゲームやスマホのように

タイピングも時間をかけて感覚を覚えなければいけません

 

なのでタイピングはすぐに速くなることはありません。

 

タイピングの基礎を理解し、感覚を掴むことによって

タイピング速度は上がります。

 

 

 

 

 

タイピングの正しい打ち方【基礎】

 

タイピングの正しい打ち方は以下の3つになります。

 
タイピングの正しい打ち方

①姿勢を正す

②指に意識を向ける

③ホームポジションに手を置く

 

 

 この3つを掘り下げていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

姿勢を正す

 

タイピングをするにあたって

姿勢を正すことは大切になっていきます。

 

なぜ大切になってくるのかというと

姿勢を正さなければ肩や腰などに負担がかかり

タイピングをするのが辛くなってくるからです。

 

僕も最近まで姿勢が悪いままタイピングをしていたんですが

腰が痛くて たまりませんでした(;'∀')

 

あまりに腰が痛すぎてタイピングが出来なくなっちゃんですよ。

 

だからタイピングをするときは姿勢を正すのが大切です!

 

 

 

 

 

 

 

 

指に意識を向ける

 

冒頭でも説明しましたが

タイピングの速度を上げるなら

感覚を掴まなければいけません。

 

 

感覚を掴むと

何も考えずにスラスラと文字を打てるようになるので

常に指に意識を向けてタイピングをしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームポジションに手を置く

ホームポジションに手を置くことは

タイピングの基礎中の基礎です。

 

 

ホームポジションに手を置くことによって

全てのキーに指が届くので

ホームポジションに手を置かなければいけないんです。

 

 

ホームポジションに手を置かずに

 

我流でタイピングしている人をたまに見かけるんですが

 

ハッキリ言ってめちゃくちゃ遅いです。

 

俺はこのスタイでするんだ!
と意地を張らずにホームポジションに手を置きましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

タイピングをしながら意識すること

 

f:id:wwttrrkun:20201229211054j:plain

タイピングをしながら意識することは以下の2つです

 

タイピングをしながら意識すること

・ホームポジションに必ず手を戻す

・タッチタイピングを意識する

 

 

一つ一つ解説していきます。

 

 

 

 

 

ホームポジションに必ず手を戻す

 

これは初心者にありがちなんですが

 

タイピングをしている時に

ホームポジションに手を戻さず

文字を打っている人がいます。

 

これは今日から禁止です!

 

なぜかというと

 

誤打が増えるからです。

 

 

せっかくホームポジションから始めたのに

別の位置へ手が行ってしまうと

ホームポジションを覚えた意味がありません。

 

 

ホームポジションを覚える理由は

文字を速く正確に打つためです。

 

なので、ホームポジションに手を戻す癖を付けましょう!

 

 

 

 

 

タッチタイピングを意識する

 

タッチタイピングとは

キーボードを見らずにタイピングすることです。

 

ではなぜタッチタイピングをしなければいけないのか

それは無駄な時間をなくすためです。

 

例えば文字を打つたびに

キーボードに視線を移してはディスプレイに視線を戻す

という動作をしていると

 

めちゃくちゃ無駄な時間が発生しますよね。

 

時間でいうと、1.5秒ですね。

 

とゆうことは、1分間にこの動作を4回すると

6秒無駄にします。

 

1分間4回なので、1分間を10分に変えてみましょう。

 

10✕6=60秒

 

10分間に60秒無駄にします。

 

このように

かなり大きな無駄が発生するので

タッチタイピングをした方が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

タイピングの1日の練習量は1日10分

 

f:id:wwttrrkun:20201123114509j:plain

結論から言うと、1日10分です!

え?たったそれだけなの?もっと練習した方が良い気が、、

 

 いいえ!1日10分で十分です!

 

特に初心者の場合は

挫折してしまう方が多いので

まずは1日10分で練習をしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

タイピングの速度が上がるまでには最低1カ月かかる

 

最低でも1カ月かかります。

 

なぜ1カ月かかるのかというと

人間が感覚を掴むまでには最低でも1カ月かかるからです。

 

 

 

スポーツなどをしている方なら分かると思いますが

どんな競技でも感覚を掴まなければ上手くなりませんよね。

 

それと同じでタイピングも感覚を掴まなければ上手くなれません。

 

ですが、スポーツとタイピングでは一つだけ異なる点があります。

 

どこが異なるのかというと感覚を掴むまでにかかる時間です。

 

スポーツは感覚を掴むまでに3カ月以上かかりますが

タイピングは1カ月以上で感覚を掴むことが出来ます。

 

 だからタイピングの速度が上がるまでには1カ月です!

 

 

 

 

 

 

 

 

10分に500文字打てれば十分!

 

10分に500文字です!

なぜ10分に500文字なのかというと

タイピング検定でちょうど2級ぐらいの速さだからです。

 

2級は速い方だと思うので

10分に500文字打てればいいと思います。

 

ちなみに僕は10分に1000文字を打ちます。

 

 

 

 

 

 

タイピング練習!

 

僕がオススメするタイピング練習方法は以下の3つになります。

 

タイピング練習方法

・マイタイピング登録

・e-typingに登録

・Googleドキュメントで文章を打つ

 

 

 一つ一つ掘り下げていきます!

 

①マイタイピングに登録

f:id:wwttrrkun:20201229211405p:plain

マイタイピングというのは主に初心者用に作られていて

学校の授業でも使われているサービスです!

もちろん会員登録は無料です!

 

 

 

 

マイタイピングの特徴

 

マイタイピングの特徴はこのようになります!

 

  • ・初心者にめちゃくちゃ優しい
  • ・歌詞をタイピングできるから楽しい
  • ・ビジネスメールのタイピング練習まで出来る

 

 

初心者でも楽しくタイピングを学べることが出来るので

タイピングを一から始める方はマイタイピングを強くおススメします!

 

 

 

 

 

 

 

 

②e-typingに登録!

f:id:wwttrrkun:20201217210602p:plain

e-typingは初心者~中級者向けのサービスです。

タイピングの基礎から応用まで学ぶことが出来ます。

こちらもマイタイピングと同様で会員登録は無料となっています!

 

 

 

e-typingの特徴

 

  • ・腕試しが出来て自分の全国順位が分かる
  • ・基礎から応用まで学べる
  • ・好きな食べ物などを投票することが出来て楽しい!
  • ・説明が分かりやすい!

 

e-typingはブラインドタッチホームポジションなどを

実際に指を動かしながら覚えていくので身に付きやすいです!

 

 

 

 

 

③Googleドキュメントで文章を打つ

 

f:id:wwttrrkun:20201229211457p:plain

これはネットで拾った文章を

Googleドキュメントでタイピングするということです。

 

この方法はかなり上級者向けです。

 

タイピングの基礎を理解している方なら問題ありませんが

タイピングの基礎が分からない方はやめておく方が良いと思います。

 

 

なぜかというと基礎の練習がなく

とにかく文章を打つという練習だからです。

 

 

ひたすら文章を打つのはつまらないと思いますが

ぶっちゃけ他の練習方法よりもタイピング速度が上がりやすいです。

 

 

じゃあ、文章ってどこから探してくるのか。

それはこのパソコンスピード認定試験 日本語

の文章を使わせてもらうんです。

 

 

この文章は約2,500文字程度あるので

まず打ち終わることはないでしょう。

 

なので、こちらの文章を練習台として使います。

 

 

Googleドキュメントの使い方はこちらを参考にしてください。

 

ferret-plus.com

 

Googleドキュメントを使えるようになりましたら

 

まず書式設定をしなくてはなりません。

 

 

難しい設定などはなく簡単に出来るので

 

安心してください!

 

 

 

 

 

Googleドキュメント書式設定

 

 

先ほど紹介した文章は一行40文字なので

 

Googleドキュメントでも一行40文字に設定します。

 

 

まずGoogleドキュメントを開き

このような画面が出てくると思います。

 

f:id:wwttrrkun:20201226114228j:plain

 

 

 この画面の赤い枠に注目してください。

 

1234,,,,と数字が書かれていると思います。

 

その数字のバーに青い逆三角形があると思います。

 

 

f:id:wwttrrkun:20201226114504p:plain

そこを左クリックしたまま左右にずらしてみてください。

 

 

そうすると文字を入力できる範囲が設定できるので

上記の写真と同じ設定にしてみてください。

 

 

そうすると1行40文字に設定できます!

 

 

これで文章入力をしていくことが出来ます!

 

 

 

 

 タイピングを練習したらすぐにタイピング速度は上がる?【結論:上がらないです】

 

今回は

  1. タイピング速度はすぐには上がらない
  2. タイピングの正しい打ち方
  3. タイピングをしながら意識すること
  4. オススメのキーボード
  5. タイピングの練習量は1日10分
  6. タイピングが速くなるまで最低でも1カ月
  7. タイピングの速いの基準は10分に500文字
  8. タイピングの練習方法

をご紹介しました!

 

 

 タイピングの速度が上がらずに悩んでいる時は

キーボードなどを変えてみるのもありです!

 

 

 

www.watalog.space

 

 

www.watalog.space

 

 

www.watalog.space